« 名残の「ふぐ茶漬け」 | トップページ | 名残のふぐちり鍋 »

名残の「ふぐ中落ち塩焼」

ふぐの中落ちは、大抵ふぐちり鍋にして「煮て」食べますが、
塩焼にして「焼いて」食べても、これはこれでまた美味しい!

Nakaochi

Nakaochi2

阿じ与志 天然とらふぐ料理 名残のふぐ中落ち塩焼

焼きたての中落ち塩焼。こんがり上手に焦がしてあるし、
表面には脂も溶け出して、もう見るからに美味しそうです!

焼くと表面だけでなく中心部まで高温にすることができます。
骨周りのコラーゲンは熱で溶け出し、身に染み込みます。
(表面に溶け出しているのは実は脂ではなく、コラーゲン)
身のタンパク質もよく分解され、旨味を感じるアミノ酸が多くなります。

ちり鍋の中落ちは、さっぱりとした淡白な味が特長ですが、
中落ちの塩焼は、引き立ったふぐの甘みと旨味を味わえます。

今夜は中落ちの塩焼まで食べることができて、すごくよかった!

|

« 名残の「ふぐ茶漬け」 | トップページ | 名残のふぐちり鍋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17605/65094278

この記事へのトラックバック一覧です: 名残の「ふぐ中落ち塩焼」:

« 名残の「ふぐ茶漬け」 | トップページ | 名残のふぐちり鍋 »