« アマテカレイのバター焼き | トップページ | 鱧の焼霜 »

あまて鰈の薄造り

「今日はあまて鰈(カレイ)を用意したから」と店主。

あまて鰈の薄造りとはとても珍しい。ワタシは初めてです。
驚かせるのが大好きな店主。サプライズの今夜です!

Amate1_2

阿じ与志 あまて鰈(カレイ)料理 あまて鰈の薄造り

薄造りにするとは、身質がふぐのように筋肉質で硬いんですね。
ポン酢と紅葉おろしで食べるところも、ふぐと似てます。

それにしても、すごいボリュームです。一切れも大きい。
半身とすれば、かなり大きなあまて鰈だね。感激モノ!

Amate2_2

Amate3

ふぐ葱に巻いて、ポン酢に少しつけてから食べてみます。

同じ薄造りにする硬い身質の黒口(石鯛)と比べると、
身質は幾分柔らかく、味も淡白に感じます。

黒口は野生的、あまて鰈は上品で優美と評せます。
しっかり覚えておかなければ!


|

« アマテカレイのバター焼き | トップページ | 鱧の焼霜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17605/65278463

この記事へのトラックバック一覧です: あまて鰈の薄造り:

« アマテカレイのバター焼き | トップページ | 鱧の焼霜 »