« 阿じ与志の「鱧すき」のルーツは江戸浅草のどぜう鍋 | トップページ | 鱧の子寄せもの »

ケンケン鰹の刺身

次の料理はケンケン鰹の刺身です。

腹身は銀皮を残して、5mm角に包丁を入れてあります。
まるで本当の銀のように眩しく、美しい!

Gkatuo1

阿じ与志 鰹料理 ケンケン鰹の刺身

和歌山南漁協のケンケン鰹は鮮度管理が自慢の鰹。
漁協から阿じ与志にクール宅急便で届きます。

ケンケン鰹のもっちりした食感をよく味わって欲しいと、
漁協では、たたきより刺身で食べることを薦めてます。

出された鰹の刺身。普通の平造りの倍の厚みがあります。
なるほどこれなら、もちもちの食感をより堪能できます!

生大蒜と山葵をのせて、刺身醤油タレに少し浸します。
エイヤと一口にほうばり、食感を楽しみます。

今の時季は上り鰹なので、背身はさっぱりした味です。
銀皮を残した腹身は、幾分脂の甘味を感じます。

Katuo2

|

« 阿じ与志の「鱧すき」のルーツは江戸浅草のどぜう鍋 | トップページ | 鱧の子寄せもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17605/65422336

この記事へのトラックバック一覧です: ケンケン鰹の刺身:

« 阿じ与志の「鱧すき」のルーツは江戸浅草のどぜう鍋 | トップページ | 鱧の子寄せもの »