« 店主自慢の「鱧とあこう」。6月の主役です | トップページ | 〆は煮汁で「ねこまんま」 »

備後の地魚ガイドブック「備後フィッシュ」が発行されました

福山、尾道、三原、笠岡4市の沿岸で水揚げされた魚介類「備後フィッシュ」(25種類)のブランド化を目指す「備後の地魚応援団」が、魚介類の特徴やさばき方、お薦め料理などを紹介したガイドブックを作成した。4市の道の駅などで25日から無料配布される。・・・7月3日以降は4市の農林水産課、農政水産課で配り、各市のホームページでもダウンロードできる。(2017/6/25 読売新聞より引用)

Sbingofish201707_01_2

備後の漁師1000人が選んだ備後フィッシュは以下の通りです。

春:アサリ、イカ(コウイカ、シリヤケイカ、アオリイカチイチイイカ)、
ウマヅラハギ、サワラ、シログチ、マダイ、メバル 

夏:エビ(クルマエビ、アシアカ、シラサエビ、サルエビ、トラエビ)、
アコウ、ギザミ、シロギス、スズキ、マダコ、ネブト、マナガツオ 

秋:ホゴ、カレイ、タチウオ 

冬:マアナゴ、シタビラメ、オニオコゼ、ガザミ、クロダイ、シャコ、ヒラメ

注)太字は阿じ与志の主役か準主役の魚介類です


|

« 店主自慢の「鱧とあこう」。6月の主役です | トップページ | 〆は煮汁で「ねこまんま」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17605/65484902

この記事へのトラックバック一覧です: 備後の地魚ガイドブック「備後フィッシュ」が発行されました:

« 店主自慢の「鱧とあこう」。6月の主役です | トップページ | 〆は煮汁で「ねこまんま」 »