« 青ベラの塩焼 | トップページ | 天然蓴菜(ジュンサイ)酢 »

マコガレイの刺身

マコガレイは、瀬戸内海のカレイの代表種です。
(有名な大分の城下カレイもマコガレイです)
当地ではアマテと呼び、煮付が代表的な料理です。

よく出回っている冬が旬と思っていたら、
5月~7月の今が最も美味しい時季なんですね。

今夜は、その旬のマコガレイが刺身で出ました!

Karei1

Karei2

阿じ与志 マコガレイ料理 マコガレイ刺身

マコガレイは硬い身質なので、刺身は薄造りが適してます。
盛り付け方や、薬味、ポン酢タレなどは、鉄刺と同じですが、
皿の中央に皮ではなく、が置いてある点が違いますね。

Karei3_3

マコガレイの刺身は、鉄刺と同じように食べればいいんだなと思い、
タレにすだちを絞り、紅葉おろしを入れて、切り身をちょっとつけて・・・
と三切れほど食べてたら、店主が目の前にやってきて言いました。

「肝はタレに入れて、肝ダレにするの」。「なるほど、で潰すんだね」

マコガレイの肝もカワハギと同じ位フォアグラなのでしょうか?
カレイの淡白な味に、肝タレでコクをつけようというわけだ!

Karei2kimo

鮃(ヒラメ)の刺身は、養殖モノが多いので珍しくありませんが、
鰈(カレイ)はちょっと珍しいですネ。間違いなく天然モノですし。

|

« 青ベラの塩焼 | トップページ | 天然蓴菜(ジュンサイ)酢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17605/65548653

この記事へのトラックバック一覧です: マコガレイの刺身:

« 青ベラの塩焼 | トップページ | 天然蓴菜(ジュンサイ)酢 »