« 〆は煮汁で「ねこまんま」 | トップページ | 至高のあこう刺身 »

眼張(メバル)の煮付

本日のメインディシュは眼張(メバル)の煮付です。

店の品書きに、5月頃から時折出ているのに気づいてました。
年中美味しい魚と思ってましたが、春から夏が旬なんですね。
(昔はイカナゴが湧く頃はメバルも入れ食いだったそうです)

Mebaru1

Mebaru3

阿じ与志 眼張(メバル)料理 眼張の煮付

メバルの白身は柔らかく、身離れがよくて食べやすい。
脂肪分が少なくとても淡白な味。病院食でも最高です。

メバルの煮付は煮汁も好きな方が多いですね。
煮汁は色ほど濃い味ではなく、甘くもありません。
メバルの淡白な身によく合います。

Mebaru4

メバルの尾の上に、何と、あこうの皮がのせてあります。
(ふ~む、これは正ちゃんからの特別なおまけですね)

皮目にはゼラチン層がたっぷりあって、煮付にすると、
ズルリとなって大変美味しいのです!

|

« 〆は煮汁で「ねこまんま」 | トップページ | 至高のあこう刺身 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17605/65484939

この記事へのトラックバック一覧です: 眼張(メバル)の煮付:

« 〆は煮汁で「ねこまんま」 | トップページ | 至高のあこう刺身 »