« 眼張(メバル)の煮付 | トップページ | 鱧の炙り »

至高のあこう刺身

あこうの刺身が、涼し気な椀に盛られて出されました。

この椀には丸い穴が所々に穿かれていますが、よく見ると、
ぶどうの絵柄で、丸穴はぶどうの実なんです。洒落てます!

Akou3

Akou1

阿じ与志 あこう料理 あこう刺身

淡いピンク色の身、濡れたような艶、シャープな切り口、
刺身にもキリッと端正な佇まいというのがありますね。
今夜のあこうの刺身は、格別に美味そうに見えます!

今日の山葵は、目にも鮮やかな萌黄色してます!
刺身に山葵をのせて、醤油タレに少しつけて頂きます。

刺身の美味さは舌触りと噛み心地が味に劣らず重要ですが、
今日のあこうは、まずしっとり滑らかな舌触りがいいです。

1センチほどの厚みの平造りにしてあるので、
張りのある白身の噛み心地をよく味わえます。

適度な弾力と滑らかさのある歯ごたえが素晴らしい!
噛むほどに上品な甘味が広がります。美味しい!

至高のあこうの刺身です。AWESOME!

Akou2

|

« 眼張(メバル)の煮付 | トップページ | 鱧の炙り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17605/65484961

この記事へのトラックバック一覧です: 至高のあこう刺身:

« 眼張(メバル)の煮付 | トップページ | 鱧の炙り »