« 至高のあこう刺身 | トップページ | 鱧の子寄せ物 »

鱧の炙り

夏の鱧料理の定番といえば、まず湯引き鱧でしょう。
氷の上に盛って、涼しさを演出するのも定石ですが、

美味しさという点では疑問のある盛り付けです。
湯引きした鱧が氷に触れて水っぽくなります。

ところで「鱧の炙り」をご存知ですか?

Hamo1

Hamo3

阿じ与志 鱧料理 鱧の炙り

鱧の炙りは骨切り鱧の身の方は表面の水分をとばす程度に炙り、
皮目の方は強く炙ります。鱧は皮を内側にしてキレイにカールします。

鱧の身のごく表面は炙られてパリッとしてますが、
中は半生、芯は生で、しっとりしてます。

ふんわり柔らかい口当たりで、全く小骨は感じません。
湯引きのように水っぽくないし、甘味も強いです。
脂ののった鱧皮が炙られ旨味を溶け出してます。

天に特製の梅肉1種がのせてあります。
地に特製の梅肉2種をつけて食べます。

湯引きでもなく、刺身でもない鱧の炙り、
皆さまもぜひお試しください。

|

« 至高のあこう刺身 | トップページ | 鱧の子寄せ物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17605/65484945

この記事へのトラックバック一覧です: 鱧の炙り:

« 至高のあこう刺身 | トップページ | 鱧の子寄せ物 »