« あこう焼霜造り | トップページ | 月見とろろ »

鱧の湯引き・温!

「温かいうちに食べてください」と正ちゃんが差出してくれました。
鱧の湯引きが珍しい高杯(さかつき)型のお皿に盛られてます!

Hamoyubiki2

鱧の湯引きは、氷水で冷やして食べるのが昔からの定石ですが、
この鱧は温かいそうだから、湯引きした直後で、冷やしてないわけだ!

品書きにある「鱧の湯引き・温」の意味はわかりました。
ふむ、逆転の発想、コロンブスの卵だね!

Hamoyubiki

Hamoyubiki3_4

阿じ与志 鱧料理 鱧の湯引き・温

身がとてもふんわりして柔らかく、鱧の甘味も濃いです。
身が温かいので、より強く感じるのではないでしょうか?

天に梅肉1種がのせてあります。地に梅肉2種をつけて頂きます!

Hamoyubiki4

ワタシは「温かい湯引き鱧」はアリだと思いました。
氷水に漬けると、旨味が逃げてしまいそうだし、

今はエアコンの効いた涼しい部屋で食べるので、
昔と違って鱧がヒンヤリしてる必然性もないんです。

|

« あこう焼霜造り | トップページ | 月見とろろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17605/65622404

この記事へのトラックバック一覧です: 鱧の湯引き・温!:

« あこう焼霜造り | トップページ | 月見とろろ »